×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャベツダイエットとは

実に様々な種類にダイエット方法がこの世の中には存在します。

食事を工夫して食事制限をしながらダイエットを行う方法が多いようです。

その中でも最近話題になっているのがキャベツダイエットです。

100gあたり23kcalしかないローカロリーの食材であるキャベツは、食物繊維やビタミンCも豊富に含んでいます。

食事制限をするダイエット中に重宝する食材だといえます。

そんなキャベツを積極的に利用してダイエットを成功させようとするのがキャベツダイエットです。

このキャベツを使ったキャベツダイエットの方法は色々とあるようです。

生や茹でたキャベツのみをある一定の期間食べるというキャベツダイエットがそのひとつです。

けれどキャベツだけでは人間が生きるうえで必要な栄養素がまったく足りません。

ですからこれはキャベツ断食といってもいいでしょう。

ということは、あくまで一定期間だけのキャベツダイエットといえるでしょう。

あまりに長期間これを続ければ、言うまでもなく栄養失調状態に陥ってしまいます。

しばらく食べすぎが続き、体に余分な脂肪がたまっているなと感じたときに、数日間行うのは良いでしょう。

この断食風キャベツダイエットはある一定期間だけ行い体を浄化すると良いでしょう。

キャベツで効果的にダイエットをする方法

千切りやザク切りにしたキャベツをパンやご飯などの炭水化物の代わりに、食べるというキャベツダイエットがあります。

自分の嗜好さえ合えば、このキャベツダイエットは効果的な方法です。

ただ、ドレッシングなど油をたくさん使ったものをキャベツにかけてしまっては、ダイエットの意味がなくなってしまいます。

ご飯などの主食の代わりにキャベツを食べるダイエット。

それがキャベツダイエットです。

できれば味をつけず、ほかのおかずと一緒に食べるようにするといいと思います。

ローカロリーのキャベツが主食の炭水化物の代わりになるということです。

こうなると1日に摂取するカロリーが大幅にダウンして、ダイエットにつながるというわけなのです。

ひとつ注意点としてはおかずを少なくしすぎてしまい、キャベツダイエットがキャベツ断食に近いものにならないようにすることです。

食前に咀嚼の回数を増やして、満幅中枢を刺激するためにある一定量のキャベツを食べるという方法もあります。

キャベツを食べた後は食事量が少なくても満腹感を得られます。

それがこのキャベツダイエット法です。

シャキシャキとしているキャベツは食物繊維が豊富なので、しっかりとかまないと飲み込むことができません。

これがキャベツダイエットをより効果的にしています。

自然と咀嚼する回数が増えるからです。

ダイエットに有効なキャベツ調理方法

いろいろあるキャベツダイエット法の中でも、キャベツを主食の置き換えにしたり、食前に食べるなど限定しないものもあります。

キャベツを1日の食事メニューの中にたくさん取り入れて食べるようにするというキャベツダイエットがあります。

キャベツを生のまま食べる。

これがキャベツダイエットの基本です。

ですがキャベツは煮ても焼いてもダイエットに効果的なヘルシー食材です。

何故ならそのほとんどが水分と食物繊維でできているからです。

いつもキャベツを冷蔵庫に常備して、日々んぼ食事メニューに積極的に利用するとよいでしょう。

キャベツは品種をかえれば1年中手に入る食材です。

キャベツを使えば使うほど、料理はカロリー控えめのヘルシーなものになります。

ダイエットには効果的です。

さまざまな方法で食生活にキャベツを取り入れて、たくさんの量のキャベツを食べるのがこのキャベツダイエットです。

高カロリーの調味料を使ってキャベツ料理を作るのでは意味がありません。

せっかくのキャベツ料理もカロリーが高くなってしまいます。

そのためノンオイルのドレッシングやお浸しなどにして食べるようにしましょう。

キャベツを味付けしないのが、キャベツダイエットにおいては一番良い方法です。

けれどそれでは飽きてしまいますので、しょうゆやソース、酢、塩、レモン汁、ノンオイルドレッシングなどで味に変化を持たせるとよいかもしれません。

けれどマヨネーズはカロリーを押さえるためにも控えたほうが無難でしょう。